ぴたすちお、一人麻雀練習機などの自作フリーソフトの配布、数独などのパズル、麻雀、その他もろもろ
あらのHP 数独まにあ エクセルまにあ 麻雀研究所 賢く儲ける株式投資 お釣り ダイエット なたでぽぽ FX



その他のテクニック

ここでは、テラリウムで生物を作るときに注意すべき、ちょっとしたテクニックなどを紹介します。

テラリウムでは、細かなちょっとしたことが意外と繁殖力に影響してきます。
強い生物を作るためには、コツコツと改良を重ねていくことが重要です。

Hit&Away

攻撃するためには敵のすぐそばまで近付く必要があります。
この範囲に入っていなければ、攻撃することも出来ませんし、逆に攻撃されることもありません。
これを利用すると非常に有利に闘いを進めることが出来ます。

つまり攻撃可能な範囲に入って攻撃を加え、同時に範囲外に移動するのです。
敵は普通こちらの攻撃に対して反撃を加えてきますが、
次のターンではすでに攻撃可能範囲の外にいるため、全く反撃されずにすむのです。

原理は単純ですが、相手によっては非常に効果的です。

逆にこの攻撃を受けたときの対処もしておく必要があります。
つまり反撃を行うときには、相手のいる方向に向かって行く必要があるということです。

逆アセンブル対策

テラリウムにおいて敵のアルゴリズムを知ることが出来れば、
それに対応して何らかの手を打つことが可能となります。

.NET FrameworkではMSILという中間言語を用いており、
ildasm.exeを使って簡単に逆アセンブルが出来てしまいます。
MSILは少し知識があれば、比較的容易に読むことが出来るので、
その気になれば強豪のプログラムを解析し、その秘密を盗むことが出来てしまいます。

このときに変数名や関数名が分かりやすいものだと、
非常に読みやすいため、危険が高まります。

これを防ぐためにはDotfuscatorなどのobfuscatorツールを使うのが効果的です。
私は第一回のコンテストのときにはPerlスクリプトを書いて、
重要な関数や変数名だけ名前を変えていました。

練習相手対策

生物をプログラミングしたら、ローカルな環境でその性能を評価してから、
テラリウムの世界へと投入します。
繁栄している生物はこのときの練習相手として使われることになります。

これはこれで構わないのですが、コンテストの場合練習相手を提供してしまうことになります。
少し意地悪ですが、これを妨害するのが効果的な戦略となります。

つまり、起動しているのが練習モードのときには、本番モードとは違う動きをさせるのです。

私の場合は日時を決めておいて、その日時以後でしかも世代数が3以下であれば、
それは練習モードであると判断していました。
こうすることで、ローカルな環境で対戦させることが困難になるので、
他の人が対抗する生物を作り出すのが難しくなります。

自殺機能

テラリウムでは、エラーをキャッチしなかった生物は強制的に消されてしまいます。
これを利用すれば自殺をすることが出来ます。

効果的な利用法はいまのところ思いつきませんが、
肉食に殺されて食料になってしまうくらいなら消えてしまえとか、
若い仲間が病死するくらいなら年老いた虫から消えていこう、
などの考え方が多少効果がある可能性があります。

晩年の過ごし方

生物の一番の目標は生殖を行うことです。
しかし、寿命が近付くと、もう絶対に生殖できない状態になることがあります。
そのような場合には、通常とは異なる処理をすることが出来ます。

肉食であれば、自分の仲間を探して食料になるのが有効です。
このときにはエネルギーをあまり節約する必要がないので、
通常よりも速い速度で動くことが出来ます。

また、競争相手を探して玉砕覚悟で攻撃を仕掛けることも出来ます。

このような状態の虫をなるべく効果的に利用しましょう。

また、食料が近くにあっても無理に食べる必要もありません。
近くに仲間がいるのであれば、そちらに譲ってあげましょう。

[ テラリウム攻略法 ]


このページに対するご意見ご感想は (ara999 あっと gmail.com ) までお願いします

あらのHP 数独まにあ エクセルまにあ 麻雀研究所 賢く儲ける株式投資 お釣り ダイエット なたでぽぽ FX